ペットにも介護機器を|大切な家族の一員でもある犬の病気を防いで命を守ろう
レディ

大切な家族の一員でもある犬の病気を防いで命を守ろう

ペットにも介護機器を

犬と医師

歩けないペットのために

人間と同じように犬も身体が自由に動かなくなることがあります。歳をとって衰えてしまったり、椎間板ヘルニアのような病気が原因だったり、事故にあってしまうなど原因は様々です。それでもじっとしていることは犬にとっても飼い主にとってもストレスや負担となります。 そんな時は、人間と同じように運動を補助する介護器具を利用してみましょう。下半身が動かない犬には犬用の車椅子というものがあります。動かない部分は器具で補助して、出来るだけ元気な時と同じ生活を送れるようにしてあげれば、犬の健康維持にも飼い主の負担軽減にきっと役に立つのではないでしょうか。 人間でも犬でも身体を動かさないと、問題の無い部分にまで悪影響が出てしまいます。犬用の車椅子は動けなかった子が外に出ることを助けてくれるはずです。

希望する人はネットで検索

犬用車椅子には既製品というものがほとんどありません。犬種や年齢、サイズも様々なので、オーダーメイドか、注文販売と言いうのが普通です。そのためペットショップでの取り扱いもあまりなく、ほとんどがインターネットでの通販という形になります。実物を直接確認できないので不安もあるかもしれませんが、利用者のレビューや口コミなども参考にして納得のできるショップを探してみましょう。ネットでならたくさんのショップが様々なタイプの車椅子を販売していますので、麻痺の状態や予算などの条件の中からでも、きっと良いものが見つかるはずです。ネットでは、車椅子を使うことで表情も明るくなった子たちの動画がたくさん見つかります。自分の愛犬にもそんな体験をさせてあげてください。